婦人科

女性の健康をトータルサポートするため、
婦人科診療にも力を入れています。

婦人科一般診療

痛みやかゆみ、出血、生理のトラブルなど、気になることがあったらお気軽にご相談ください。婦人科の病気は症状がなかなか現れないものが多いため、ちょっとした不調を見逃さないことが重要です。

また、婦人科の病気は妊娠や出産に悪影響を及ぼすものが少なくないため、出産をお考えの場合には早めの受診が特に必要となってきます。

腹腔鏡を使った検査や手術では、長く研鑽を積んだ専門医が担当しています。悪性腫瘍以外については、全て検査・治療が可能です。なお、悪性腫瘍の場合には、すぐに高度な専門医療機関をご紹介しています。

生理痛・ピル・緊急避妊

健康な女性には生理が定期的に来ます。しかしながら、女性ならではの生理の悩みも伴います。
最近では初潮の低年齢化・初潮から初産までの期間が長いため、月経困難症などのトラブルも多くなっております。
鎮痛剤やピルを上手に使いこなし、生理と向き合えるよう指導いたします。
また、緊急避妊もご相談承ります。性交から72時間以内に来院くだされば大丈夫ですので、
診療時間内に直接来院願います。

HIV検診・STD検診

性感染症の検診です。これから妊娠を考えている方にはぜひ受けていただきたいと考えています。性感染症は、赤ちゃんを授かりにくくしたり、早産を招いたりといった可能性があります。おりものや血液のサンプルを採って調べる検査です。

婦人科がん検診 子宮がん検診(頚がん 体がん)・卵巣がん検診

子宮がん検診と超音波検診を受けることで、がんだけでなく子宮筋腫や卵巣のう腫などもチェックできるようにしています。また、頚がんの発生に関与していると言われているHPV(ヒトパピローマウイルス)の検査も行っています。

早期発見が難しい上に、進行が速い卵巣がんについては、超音波検査と血液検査で行う腫瘍マーカーを調べて、より見つけやすくなるようにしています。

卵巣年齢診断(抗ミューラー管ホルモン測定 AMH)

今後の妊娠、出産のチャンスが、どの程度残されているかを予測する助けとなる検査です。抗ミューラー管ホルモンは、卵子の成長過程で分泌されますので、閉経が近付くにつれて減少していきます。血液中の抗ミューラー管ホルモンを測定することで、卵巣年齢を診断します。不妊治療では原則として受けていただく検査ですが、若くして閉経してしまう早発閉経や若年性更年期の診断にも役立ちます。

生活習慣病診断

コレステロール・中性脂肪・血糖値が心配な方に、オプションで行っている検査です。妊娠中はBMIの数値に注意が必要ですし、生活習慣病が妊娠の継続や正常な分娩に悪影響を与えないよう注意が必要です。

腹腔鏡手術

当院では腹腔鏡を使った検査や手術を、エキスパートの専門医が行っています。

腹腔鏡の検査や手術は、おなかの傷が小さくて済みますし、通常の手術では1週間~10日の入院が必要な際にも、3泊4日程度の入院となり、患者さんにとってよりご負担が少ないことが特徴です。当院の副院長は、大学病院の勤務医時代に腹腔鏡の検査や手術を数多く手がけており、こちらでも継続して行っています。かなり大きな子宮筋腫を腹腔鏡手術で取って、その後体外受精で妊娠、出産したという方も何人もいらっしゃいます。

  • 不妊治療における腹腔鏡検査と手術
  • 主に卵管の癒着がないかをチェックして、治療します。
  • 婦人科疾患における腹腔鏡検査と手術

子宮外妊娠、卵巣のう腫、子宮内膜症、子宮筋腫などに使用します。

不妊治療

不妊一般検査から顕微受精まで当院で行っております。
提供卵子をご希望の方は、信頼できるアメリカのクリニックをご紹介いたします。通訳を含むエージェントもこちらでご紹介いたします。
凍結卵子・凍結精子のご相談も承ります。

 

Doctor's Fileドクターズ・ファイル クリニックブログ